【Amazon.co.jp限定】 Fotopro 三脚 DIGI-204 GMのレビュー

Amazonの三脚カテゴリでベストセラーランキング1位かつAmazon限定販売の三脚、「Fotopro DIGI-204GM」のレビューです。

先日まで使っていた三脚がぶっ壊れたのでAmazonで「Fotopro DIGI-204GM」という三脚を購入。



この三脚に決めた理由は、
・最大積載が1.5kgもあるので一眼レフをのせることが出来る
・最低高39cmというのが自分の撮影環境にバッチリ合う
・1700円台とかなりの安値
(3つめが金欠の管理人には最大の理由)

在庫があったのでポチッた翌日発送、その翌日に到着
Fotopro 三脚 DIGI-204 GM レビュー003
安いっ!
Fotopro 三脚 DIGI-204 GM レビュー004
やっと会えたね三脚ちゃん!
Fotopro 三脚 DIGI-204 GM レビュー027
箱の両横面に仕様、説明、注意等が書かれている。
Fotopro 三脚 DIGI-204 GM レビュー028Fotopro 三脚 DIGI-204 GM レビュー029

開封してみると三脚は専用ケースの中に入っているようだ
Fotopro 三脚 DIGI-204 GM レビュー030
外に持ち出すとき専用ケースがあるのはありがたい!

取り出し
Fotopro 三脚 DIGI-204 GM レビュー005

軽い!ラクラク持ち運べるぞ!
Fotopro 三脚 DIGI-204 GM レビュー008

商品詳細
・段数:4段
・パイプ径:20mm
・全伸高:120cm(エレベーター下:100cm)
・最低高:39cm
・収納高:38cm
・重量:570g
・最大積載:1.5kg
・素材:アルミ
・3WAY雲台
・専用ケース、クイックシュー、水準器付属

各可動部位はyoutubeで「Fotopro DIGI-204GM」と検索するといくつか動画があるので使用感が掴みやすいと思います。

コンデジには問題なく使えるということはAmazonレビューにいくつも書いてあるので、ここでのレビューは『一眼レフには使えるのか』ということに焦点を当てています。

機材はニコンD7100+レンズはブレに敏感なマクロレンズ(TAMRON 単焦点マクロレンズ SP AF90mm F2.8 Di MACRO 1:1 ニコン用 フルサイズ対応 272ENII)を仕様

カメラ+レンズの重量は1172gということで積載には余裕あり。
Fotopro 三脚 DIGI-204 GM レビュー007
三脚に乗せてみた
Fotopro 三脚 DIGI-204 GM レビュー010Fotopro 三脚 DIGI-204 GM レビュー011
少し頼りなさを感じるがめちゃくちゃ弱々しいというほどではない。
ただ、カメラを揺らしてみると雲台がかなりグラついたのでクイックシューとカメラ台の間に紙をテープでぐるぐる巻いたものを咬ませてやると安定した。
Fotopro 三脚 DIGI-204 GM レビュー013Fotopro 三脚 DIGI-204 GM レビュー014Fotopro 三脚 DIGI-204 GM レビュー015
エレベーターを上げても問題なく支えてくれるがかなり揺れる。上げると弱々しく感じるので万が一を考えエレベーターを上げての使用はしないほうがいいだろう。
Fotopro 三脚 DIGI-204 GM レビュー012
実際に西木野真姫ちゃんフィギュア(ねんどろいど約10㎝)を撮影してみます。
Fotopro 三脚 DIGI-204 GM レビュー016

カメラ設定は全て
絞り値:f-11
露出時間:1/15秒
ピント位置:アイプリ(目)

まずは真正面
Fotopro 三脚 DIGI-204 GM レビュー017
撮れた写真
Fotopro 三脚 DIGI-204 GM レビュー フィギュア001-1
ブレていないし水平も取れている
拡大しても全くブレていない
Fotopro 三脚 DIGI-204 GM レビュー フィギュア002
次に下から被写体を見上げる角度で撮影
Fotopro 三脚 DIGI-204 GM レビュー019
撮れた写真
Fotopro 三脚 DIGI-204 GM レビュー フィギュア007-2
拡大
Fotopro 三脚 DIGI-204 GM レビュー フィギュア008
下から見上げる撮影もブレずに安定してできた。
次に上から被写体を見下ろす撮影
Fotopro 三脚 DIGI-204 GM レビュー018
撮れた写真
Fotopro 三脚 DIGI-204 GM レビュー フィギュア003
良さそうに見えるが拡大すると
Fotopro 三脚 DIGI-204 GM レビュー フィギュア004
ブレすぎィ!

この角度ではレンズの重心がカメラ台にかからないのでブレやすく、ファインダーを覗いているとミラーショックによるブレが一目でわかるのでこういう時にはミラーアップ撮影を使ってみよう!

上から被写体を見下ろす撮影(ミラーアップ撮影ver.)
Fotopro 三脚 DIGI-204 GM レビュー フィギュア005
Fotopro 三脚 DIGI-204 GM レビュー フィギュア006
ミラーアップ撮影にすることでかなりブレを抑えることができた。拡大しなければブレを見抜けない仕上がりに。
もっと上から見下ろす角度でのミラーアップ撮影
Fotopro 三脚 DIGI-204 GM レビュー022
撮れた写真
Fotopro 三脚 DIGI-204 GM レビュー フィギュア011
Fotopro 三脚 DIGI-204 GM レビュー フィギュア012
全然ブレていない。ミラーアップ神。揺れが収まるまで5秒ほどのミラーアップ。
次はかなり下から見上げる撮影
Fotopro 三脚 DIGI-204 GM レビュー023
撮れた写真
Fotopro 三脚 DIGI-204 GM レビュー フィギュア013
問題なし。

カメラを縦にして真正面から撮影
Fotopro 三脚 DIGI-204 GM レビュー020
ライブビュー画面のフィギュア台座部分を見るとわかるが水平がとれていない。(水準器では水平)
撮れた写真も当たり前だが水平が取れていない。
Fotopro 三脚 DIGI-204 GM レビュー フィギュア009
なのでカメラ縦位置での撮影は水準器を無視して自分で三脚の足を調整しなければいけない。

このように一箇所(画像左上)だけ少し伸ばしてやると
Fotopro 三脚 DIGI-204 GM レビュー021
しっかり水平の撮れた写真を撮ることができる。
Fotopro 三脚 DIGI-204 GM レビュー フィギュア010
最後に望遠レンズをつけてみた。
Fotopro 三脚 DIGI-204 GM レビュー025
積載範囲内。

Fotopro 三脚 DIGI-204 GM レビュー026
一応乗せることはできるがレンズが重すぎて不安定だった。カメラがかなり揺れるのでカメラから手を離すのは少し怖い。

望遠レンズ装備で撮影した月
DSC_1466-2
DSC_1439-2
自分で言うのもなんだけど綺麗に撮れている。しかし総撮影枚数の8割はブレていたのでいわゆる奇跡の一枚というやつ。

まとめ

軽くて細く持ち運びが楽な三脚で基本的にはコンデジ用の三脚です。しかし用途により一眼レフにも使えるということがわかりました。
ミラーアップ撮影が必須なのでシャッターチャンスが無限にある動きのない被写体の撮影には使えます。
可動部位が簡単に動かせるので微調整しつついろんな構図を試しながらの撮影に時間がかからないのがいいところ。
数万円の三脚のような地面と変わらない安定感が欲しい人にはおすすめできませんが、安く入手出来て手軽に持ち運んで何枚もパシャパシャ撮れる余裕を持った撮影をする人にはいいもかもしれません。その中の8割~9割は綺麗に撮れていると思います。
あくまでコンデジ用ですので一眼レフをのせてうまく撮れなくても苦情は受け付けませんよ!管理人の撮影環境では納得できる範囲内で撮れているんだからね!
経験上ですが、5千円以下の三脚は一眼レフを乗せるとだいたいミラーショックを防げないのでミラーアップをお忘れなく。300~500g程度の一般的なデジカメには特別注意することなく簡単に使えるうってつけの三脚だと思います。

何か質問があればコメント欄で聞いてね!

今回レビューした三脚

この記事をシェアする
ねんどろいど けものフレンズ サーバル ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
Categories: 雑記

コメント

  1. D7100はミドル以下だと最後となった「黄色いニコン」ですね。写真が暖色寄り(色温度高め)なのでカメラ側の色温度を照明の色温度マイナス400~700Kくらいで固定してみてください。たぶんそれで白くなります。カメラ側の青~赤の偏差が200~300K、のこりはディフューズによる色温度低下ぶんです。
    おそらく背景紙からの色被り調整だけで済むように。いまのが好みであればすいません。

    1. あさひわさんコメントありがとうございます!
      やっぱり黄色いですか…。実は迷走した過去がありまして…。現像しているモニターも黄色いのでどのあたりまで色温度下げればいいんだろうって迷走した挙句、考えるのがめんどくさくなり目が疲れるのでデフォルト設定にしていました。
      当記事マキちゃんは4750kで現像しています。
      試しに4222kで現像してみましたが確かに目で見た色に近いです(下の画像)。ただ、今までの設定に慣れてしまっているせいで冷たい写真にも感じてしまいますw
      カメラの設定を見直して新しいことに慣れていったほうが良さそう。
      ご教授サンクスでした!

    2. 撮影環境周辺を新品の白に改装してみました。
      “ディフューズによる色温度低下”というのが一番影響があったように感じます。
      改装前はデフォ4750kだった色温度が改装後は5000kへ。それを4950kで現像するとかなり納得できる感じになりました。
      以前、ディフューザーは変色するから定期的に交換したほうがいいとあさひわさんの記事で見たような…。経験してみて凄く納得しましたw

  2. 私のモニターでも青いので、たぶん4450~4550KくらいがD7100&みかんさんの撮影環境で「おいしい」色温度だと思います。D7100の「真の」基準白点はおそらく4950K前後ですね(公称は5260K)。

    1. なるほど、参考になります!
      今現像作業をしているんですが、すでに色温度を下げた状態に目を慣らすことができたので調整しながらやってみます!

  3. いろいろな設定を試した結果、自作撮影環境に多用している黄色いマスキングテープの色移りが一番悪影響なんじゃないかと…それとレフ板が少し黄ばんでいました。背景紙の後ろがベージュのカーテンでこれも黄ばんでいるんですよね…。記事画像にも写っているように黄色い鏡が真横に置いてありましたし。
    環境周りの黄色要素が強すぎるので、まずは視界から黄色を消す作業をしてみますwこれだけでかなり改善されそうな予感がしますがかなり時間がかかりそうですw連休にでもやってみます。

  4. こっちの世界はサッパリなんですが、何だか凄いですね!
    撮影の苦労も忍ばれるし、更にコメントも付けるんですよね?
    私みたいに765メンバーだけで、しかも眺めるだけと訳が違うし
    対象数が半端ないし、レビューも手間と時間が掛かる筈です。

    こうして現場を見ていると、何だか765メンバーのレビューだけ覗いているのが申し訳なくなりますね。
    今後も無理しない程度に頑張ってください。
    これからも楽しいレビュー待ってます。

    1. 苦労というより趣味ですねw
      作業的になると飽きると思うので楽しめるペースでやってますw
      もっと見てほしいのおおおおビクンビクン って思うと更新意欲がわいてきますw
      そして文系をしっかり勉強しとけばよかったということを記事を書きながら後悔したりしていますw

  5. いや!
    型にハマった文章になると読んでいて楽しくないので
    今のスタイルのまま今後もよろしくお願いします!

    これを機会に他の興味あるキャラのレビューも読んでいきたいと思います。
    コメント控えめで…

コメントを残す